お年玉の相場孫大学生はいくら?いつからいつまであげる?

お年玉 相場 孫 大学生 お役立ち情報
Pocket

孫にお年玉をいつからいつまであげるのか、年齢について正式な決まりはありません。

また、いくらあげるのか、お金ではなく品物をプレゼントするか等、渡し方についても色々ありますよね。

決まりが無いため、お年玉をあげる時の相場や大学生になってもあげるべきなのか、悩む方も多いはず。

今回は孫へいくらあげるのか等、お年玉の相場についてや、いつからいつまであげるのか?大学生になってもあげるのか?等、あげる期間について、調べてみました。

 

お年玉の相場孫大学生はいくら?

大学生にあげるお年玉の相場は10,000円前後です。

しかし、高校を卒業すると、社会人として働く人も多いはず。

また大学生はアルバイトをして自分で稼ぐ人も沢山います。

よって、高校を卒業するとお年玉はあげないというおじいちゃん、おばあちゃんも多いようです。

あげるのならば、相場は10,000円前後。

金額が大きいように思うかもしれませんが、もうすぐ社会人として経済的に自立しなくてはならない大学生にとって10,000円という相場は妥当ですね。

 

お年玉相場の年齢別金額:0歳~3歳

0歳~3歳にあげるお年玉の相場は500円~1,000円です。

しかしながら赤ちゃんにお金を渡してもまだ、喜んでくれませんよね。

価値もわかってもらえないかと思います。

なので、お金ではなく玩具や絵本、洋服等をプレゼントするのもおすすめです。

また、「赤ちゃんのために使って欲しい」といってお母さん、お父さんに渡すと良いかと思います。

子どもを育てるのには何かとお金がかかるため、必要品を買ったり、将来の子どものために貯金する、お母さん、お父さんにとって、お年玉は嬉しいですよね!

 

お年玉相場の年齢別金額:3歳~6歳(園児)

3歳~6歳(園児)にあげるお年玉の相場は1,000円前後です。

物心がつく前の子どもには、まだお金の価値がわからないことも多いかと思います。

必ず、お母さん、お父さんの前で渡すようにする、あるいは、子どもの前で、お母さん、お父さんに渡すことをおすすめします。

ポチ袋に興味を示すので、かわいいポチ袋を選ぶと喜ばれます。

また小さな子どもは、お札よりも小銭の方が興味をひくので、小銭で渡すことをおすすめします。

普段、小銭を親からもらって、お使いやお菓子を買っている子どもにとっては、小銭の方が馴染み深いですし、沢山もらった気になって、子どもは喜ぶかと思います。

また、0歳~3歳の子どもに渡すのと同じく、お金ではなくプレゼントを渡す場合も多いようです。

プレゼントを渡す場合は、必要なものを事前に確認すると良いですね!

 

お年玉相場の年齢別金額:小学生

小学生にあげるお年玉の相場は1,000円~3,000円です。

お金の価値について、少しずつ理解し始める時期でもあるため、硬貨ではなく、お札を渡す場合が多いです。

また、すぐに使わず、貯金する子どもが多いので、お札の方が便利です!

学年があがる度、少しずつ金額が増えると子どもは喜びます。

低学年の頃は1,000円~2,000円、高学年の頃は3,000円にするなど、計画的に金額を増やすことをおすすめします。

 

お年玉相場の年齢別金額:中学生

中学生にあげるお年玉の相場は3,000円~5,000円です。

考えも大人に近づき、自分で欲しいゲームやおもちゃ等を考えて購入することができる時期です。

「使い方は自分でよく考えてね」と言って直接子どもに渡すことをおすすめします。

 

お年玉相場の年齢別金額:高校生

高校生にあげるお年玉の相場は5,000円~10,000円です。

自分でお金の管理をして、中にはアルバイトをして自分で稼いでいる子どももいるかと思います。

初めてバイトをして、「5,000円稼ぐのはこんなに大変なのか!」と勉強した子どもも多いはず。

少し金額が上がって大変かと思いますが、5,000円~10,000円を渡すと喜ばれます。

 

お年玉孫へはいつからいつまであげる?

0~2歳:渡さない場合が多いです。

3歳~18歳:園児~高校生までの期間は渡す場合がほとんどです。

高校卒業後:渡す場合と渡さない場合と人によってそれぞれです。

0~2歳の子どもにお正月、会うタイミングがある場合は玩具や絵本、必要品をお母さん、お父さんに確認して渡したり、子どものために使って欲しいと添えて現金を渡すことが多いようです。

3歳~18歳の子どもには、現金をポチ袋に入れて渡すことが多いです。

年齢があがるごとに金額が上がると喜ばれるので、計画的に渡すことをおすすめします。

ポチ袋を集めている子どもも多いので、毎年違うポチ袋(例えば干支の柄が入ったポチ袋等)にすると喜んでくれるはずです。

高校卒業後は、社会人になる子ども、大学生になる子どもと進路が分かれて、お金についての考え方が大きく違ってきます。

渡すか渡さないかということをお母さん、お父さんを含め子どもとに直接相談する場合も多いそうです。

意外と「自分で稼ぐから、もういらないよ」と子どもから言われたり、逆に初めて自分で稼いだお金でプレゼントをおじいちゃん、おばあちゃんに渡す子どもなんかもいるはずです。

 

お年玉孫以外にあげる範囲は?

お年玉と言えば、おじいちゃん、おばあちゃんから孫にあげるシーンを思い浮かべますよね。

それ以外の場合、おじいちゃん、おばあちゃんは誰にあげるのでしょうか。

お年玉は家族、親戚間のやり取りと考えるのが一般的です。

しかし、何かと集まる機会が多く、会う子ども全員に渡したくなりますよね。

渡したい場合は、必ずその子どもの親に相談することをおすすめします。

お金についての考え方は家族ごとに違うので、黙って子どもにお金を渡してしまうとトラブルになる可能性がありますので、気を付けましょう。

 

まとめ

今回は孫へいくらあげるのか等、お年玉の相場についてや、いつからいつまであげるのか?大学生になってもあげるのか?等、あげる期間について、ご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

お年玉についての考え方は人によって違うので難しいですよね。

相場を知った上で、孫のお母さん、お父さんといくら渡すのか、相談して渡すことをおすすめします。

いつから、いつまで渡すのかも、人によってそれぞれです。

赤ちゃんに渡すべきなのか、高校卒業の子どもに渡すべきなのか、自分の考えを持った上で、同じくお母さん、お父さんと相談すると良いですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました